一人暮らしとは違う魅力が満載のシェアハウス

日本ではどちらかといえばシェアハウスより一人暮らしが多いかもしれません。
しかし、日本でもここ最近生活の欧米化と物価上昇の煽りを受けて増えつつあります。
海外では若者同士がシェアするのはあまり珍しくは無い様です。
2人から3人で友達同士あるいはお互い知らない人同士が同じ家に住み、同じ時間を過ごすので親よりも近い存在になる事もしばしばです。
シェアハウスのメリットはやはり家賃、生活費も折半で住めますので手が届かなかった物件にも手が届きます。
女性同士は勿論ですが、男女でシェアする事もあります。
恋愛に発展するというより良き理解者となってくれるのも共同生活ならではの特権と言えるでしょう。
一人暮らしと違うのは、帰って来て誰かが家に居てくれているという安心感と相手を思いやる気持ち、ずっと一緒に住むのであれば自分が苦手な事をフォローしてもらえる、嫌なら嫌と言える踏み入れて欲しくない境界線も遠慮せず言い合えるのもその魅力の1つでしょう。
賃貸物件情報誌にもシェアハウス可能な物件もあります。
1人の空間と共同でいる空間を味わうのにも良いのではないでしょうか。
安らぎと安心の物件、住居人に巡り合えれば人生観も変わるでしょう。