スタッドレスタイヤを持っていますか?

雪国と呼ばれる地域に住んでいるドライバーなら当たり前のように良く知っているスタッドレスタイヤ。
このタイヤはどのようなタイヤなのかご存知でしょうか?
スタッドとは鋲(びょう)のことです。
つまり鋲がないタイヤということになります。
鋲のあるタイヤというのはスパイクタイヤのことですが、道路で削られて粉塵が飛ぶためにスタッドレスが普及するようになりました。
これは普通のタイヤとは異なり積雪時や道路の凍結時に安全に走行するためのものです。
雪道や凍結した道路はタイヤが通る時に道路とタイヤの間に水分が生じて滑りやすくなります。
そのため、滑らないように安全に走行するには、凸凹の溝が深く柔軟に道路に密着するタイヤがのぞましいのです。
普通のタイヤとは異なるゴムを利用しており、低温時でも硬くならないしなやかなゴムが使われています。
深い溝は排水性を良くし雪の上を進む効果をもたらしています。
また滑るのを防ぐために水分を吸収させる材質を配合するなどの工夫もメーカーごとになされています。
スタッドレスタイヤは雪がない道路でも走行できますが、性能が違いますので冬以外は普通のタイヤを使うのが一般的です。
また、冬になったら雪が降り始めるまでに早目にタイヤ交換をしておくことが安心です。→関連ウェブサイト←